実際に買い取ってもらおう|意外なお値打ちものも?古書は専門店での買い取りがおトクかも!

実際に買い取ってもらおう

読書している女性

古書を買い取ってほしいと思ったときはどうすればいいのでしょうか?
そのためのフローを少し説明します。

まずは持っている古書を買って欲しいお店を決めましょう。
これは1件でなくとも大丈夫です、見積もりが取れるお店が大半なのでよい高く買い取ってくれるところで売れば良いので何店舗かピックアップしておくと良いでしょう。
次に買い取り方法を選びましょう。買取方法は大きく分けて3つです。

1,店舗に直接もっていく
2,宅配便を利用し売りたい古書をお店に送り
3,自宅までお店の人にきてもらい、その場で買い取ってもらう

1はとてもシンプルなのでおすすめですが、古書とは言え量が多いとそれなりの重量になってしまいます。
車などの運搬手段や近所にない場合は難しいでしょう。しかし、実際にお店の人と話せるので納得のいく査定になると思います。

2は近所に店舗がなく、あまり手間をかけずに処分したいという方におすすめです。
店舗に送ってしまえば、後は査定をしてくれて金額を提示されます。その査定額で良い場合はそのまま入金を待つだけなので送ってしまったとの手間などはほとんどありません。

3は大量の古書を抱えている方におすすめです。
あまりにも多いと店舗にもっていくどころか郵送でもそれなりの手間がかかってしまいます。しかし、3の出張買取でしたらお店の人が時あくまできてくれるので連絡して、古書を簡単にまとめておけば後は待つだけです。
その場で買い取ってもらえるためすぐにお金になる点も便利です。ただし、出張買取に来てもらってやっぱりなにも売らないとなると人件費や交通費を請求されることもあるので注意して下さい。

どの方法もメリットとデメリットがあるので自分にあった方法を選ぶようにしましょう。